本文へ移動

令和6年 安全パトロール

安全パトロール

令和6年2月安全パトロール

令和6年2月安全パトロールを行いました。
この日、安全パトロールを行った現場は排水機場です。
近年は台風やゲリラ豪雨で、大きな川から支流に逆流し
氾濫するという報道を見かけることが増えてきました。
この排水機場では、支流に流れ込む水の量を調整し、用水路などの氾濫を
防ぐための整備を行っています。
ポンプや制御盤の据付が終わりそろそろ大詰め。より慎重に作業を行います。

令和6年3月安全パトロール

令和6年3月安全パトロールを行いました。
この日の現場は駅前の外灯工事です。
冷たい雨が降りしきる中、高所作業を行っていました。
クレーン車を使用してポールを建て込み、高所作業車を使用して器具付けを行います。
クレーンの運転者、合図者、玉掛け作業者、
交通量の多い車道のため特に慎重に作業を進めます。


令和6年4月安全パトロール

令和6年4月安全パトロールを行いました。
この現場は、農業用水集配施設のポンプ場で、
完成間近となっており、複数の業者が入っていました。
狭いポンプ場での作業は、足の踏み場を確保するのにやっとな感じもありましたが、
お互い休憩時間をずらし、安全第一で作業を進めます。


令和6年5月安全パトロール

令和6年5月安全パトロールを行いました。
今回の現場は何度も紹介しています排水機場です。
この日は勉強も兼ねて、新人の女子社員と共に行ってまいりました。
現場では、排水ポンプや付属の機器類が据え終わり、主配管の組み付けも終わっています。
写真は建屋内の風景ですが、屋外では配管廻りの埋め戻しを行っていて、
工事もようやく終盤といったところです。
ですが、まだ作業は続きます。あともう少しといったところですが、
完成に向けて、気を引き締めていきたいと思います。

令和6年6月安全パトロール

令和6年6月安全パトロールを行いました。
今回は電気配線及び配管の撤去作業の現場です。
作業場の傍には大きな開口部があるので、
墜落制止用器具を使用して作業員が作業にあたっています。
これから本格的な夏になってくると熱中症のリスクもあり、
仮に高所作業で頭がクラクラし、足を滑らして落下してしまうことも考えられます。
高所作業での墜落制止用器具の使用は当然ですが、
熱中症のリスクも考えて体調管理も含めて気をつけていきましょう。

令和6年7月安全パトロール

令和6年7月安全パトロールを行いました。
今回は脚立を使用しての屋内配管作業の現場です。
脚立は損傷、劣化はないか。
脚立の天板に乗ったり、またいだりしていないか。
バランスを崩すような作業をしていないか。
・・・気をつけるポイントは色々あります。
墜落・転落の労働災害のゼロを目指して、
適正な脚立の使用ルールをしっかり守っていきます!

TOPへ戻る